ネット小説 個人的に薦めたい歴代作品


スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


セブンス<わい/三嶋 与夢>

ネット小説 レビュー ] 2017/01/14(土)

セブンス


<あらすじ>
ライエル・ウォルトは伯爵家であるウォルト家の嫡子であった。
だが、完璧である妹のセレス・ウォルトとの勝負に負けて廃嫡。完膚なきまでに打ちのめされ、心を折られた状態で家を追い出されてしまう。
そんなライエルが家を出る前に手に入れたのは【青い宝玉】だった。宝玉には歴代当主たちの【スキル】そして【本人たちの生前の記憶】が保管されていた。
記憶として宝玉内で蘇ったウォルト家のご先祖様、その数はなんと七人! 頼りになるご先祖様たちの意見を聞き、ライエルの物語が始まる!
……とは、ならず、七人もいれば価値観も違えば、当然意見も違う。ライエルに対しても罵声は当たり前。情けないと呆れる始末。
ライエルはそんな七人の記憶が封じられた宝玉を手に、再び立ち上がる事が出来るのか?

七人のご先祖様と共に戦う冒険ファンタジー、ここに開幕!


<キーワード>
R15 残酷な描写あり 冒険 男主人公 西洋 近世 ハーレム スキル 七人のご先祖様


<ジャンル>
ハイファンタジー〔ファンタジー〕


<文字数>2,182,175文字(完結済)


<くろまつの感想>
かなりボリュームのある作品のため、なかなか読もうと言う一歩が踏み出せませんでした

「ご先祖様」とか訳の分からないタグもあったし・・・

しかし一度読み始めると徐々に・・段々と・・ツボにはまってきます^^

時間を忘れて最後まで読める作品です。

内容としては主人公ライエルの成長物語なのですが、

他の作品では見たことのないいろいろな要素が盛りだくさんです。

その最たる要素が「ご先祖様」とそこから派生する「らいえるさん」です(^∇^)

ドラマや映画だったら主演を食っちゃうような存在です

だからこそこの作品は”笑い”が”爆笑”になり”感動”が”号泣”になるのです

他にもリアルな関係すぎるハーレムなど読み応えは抜群なのですが

登場人物が多すぎて名前が覚えるのがちょっと大変です。

ただ設定や構成が非常によく練られていて、とても丁寧に描かれています。

文字数が多すぎて読むのをちょっと躊躇っている方

読んでみる価値は絶対にありますよ。





セブンス






スポンサーサイト
11:52 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


魔王の器<月野文人>

ネット小説 レビュー ] 2017/01/11(水)

魔王の器


<あらすじ>
剣と魔法の世界。
大国の名門貴族家に生まれながら、ろくに魔法が使えない少年は、不遇の日々を送っていた。そんな少年の運命は、ある魔族との出会いによって、大きく動き出す。宿命の出会いが少年の人生を変え、周囲を巻き込み、やがて世界を揺るがす事になる。
そんな物語です。


<キーワード>
R15 残酷な描写あり オリジナル戦記 ファンタジー 魔法 戦争 貴族 勇者 魔族 魔王 学園 恋愛 ダークにするつもりが ハーレム


<ジャンル>
ハイファンタジー〔ファンタジー〕


<文字数>
1,665,139文字(2017年1月10日現在)


<くろまつの感想>
”なろう”の中では比較的新しい作品、

しかし内容とボリュームは古参の作品を圧倒的に凌駕する大作とも言っていい傑作です。

書籍化が決定したのも当然でしょう^^

主人公の成長を幼少期から少年期、そして青年期と書き記す”成り上がり”とも言える作品なのですが

数多ある、はやり物の成り上がりものと一緒にはできません。

丁寧にかつ細かく世界観を練り、至る所に伏線を張り巡らせ、長編なのに中だるみもなく

それでいて読者を飽きさせない作品などめったにありません。

そしてなりよりも驚きなのは、登場人物はかなりの数になっているのですが

その全員のキャラが”立っている”のでとても感情移入しやすくて読みやすいのです。

それこそそのキャラの立たせ方の上手さは他の作品ではまず見られないくらいです

名作と言われる作品でも丁寧に人物描写されているのは

せいぜい主人公とヒロイン、サブキャラの一人や二人くらいまでですが、

この作品は数もさることながら質も素晴らしくただのサブキャラ一人で別の物語ができるのではないか

と思わせるくらい全ての人物がキャラが立っています。

まだ読まれてない方、

この巨編一大スペクタルは必見です。


送料無料/〔予約〕魔王の器 I/月野文人/ttl  


黒の魔王



03:59 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


この世界がゲームだと俺だけが知っている<ウスバー>

ネット小説 レビュー ] 2016/12/27(火)

この世界がゲームだと俺だけが知っている


<あらすじ>
バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。
その熱狂的なファンである相良操麻は、不思議な道具の力でゲーム世界に飛ばされてしまう。
突然の事態に驚く操麻だが、そこは勝手知ったるゲームの世界。
あらゆるバグを使いこなし、ゲームの仕様を逆手に取る彼は、いつしか『奇剣使いソーマ』と呼ばれていた。


<キーワード>
異世界転移 ゲーム バグ VRARPG 異世界 トリップ 変態機動 ハーレム 猫耳猫


<ジャンル>
ハイファンタジー〔ファンタジー〕


<文字数>
1,423,573文字(2016年12月27日現在)


<くろまつの感想>
随分前に書籍化されており読まれたことがなくても

作品名を聞いたことがある人は多いだろう。

いわゆる「転生先はやりこんだゲームの世界でした。」の

”なろう”の中におけるさきがけ的作品です。

今でもこのテーマを題材とした作品が多く、このての小説を読むとついつい

「この世界がゲームだと俺だけが知っている」と比べてしまいます(笑)。

個人的にこのての小説は大好物でみんな面白いと感じてしまうのですが

やはり二番煎じ感は否めません。

「この世界がゲームだと俺だけが知っている」は別格でした!・・「笑い」の部分が・・・


ギャグなど直接的な表現で笑いをとるのではなく、話の流れや伏線で自然と笑いのとれる作者の表現力の高さは

他の作品ではなかなか見れないものです。

いい意味で何も考えず、肩肘貼らず純粋に楽しめる小説です。





この世界がゲームだと俺だけが知っている











05:35 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


幻想大陸<しるうぃっしゅ>

ネット小説 レビュー ] 2016/12/26(月)

幻想大陸
注意:最終更新からもうすでに1年半以上たっており恐らく完結されないでしょう


<あらすじ>
アナザーと呼ばれる剣と魔法と能力が支配する異世界。
その世界で生まれ育った、剣に全てを捧げる剣士と魔法に全てを捧げる魔女が出会ったとき物語の幕があく。
彼らの目的はただ一つ。エレクシルという名の女神を殺すこと。


<キーワード>
R15 残酷な描写あり 剣 魔法 能力 ファンタジー 中ニ エルフ 狐耳 竜人 その他


<ジャンル>
ノンジャンル〔ノンジャンル〕


<文字数>
975,640文字(2016年12月25日現在)


<くろまつの一言>
「剣士と魔女」

この旧題を知っている読者がどれだけいるのでしょうか

比較的古い上にランキングも上位にほとんど入れなかった作品なのか

知名度はそれほど高くありません。

なぜ・・・こんなにも面白いのに・・・

この作品ほど”なろう”の中の評価と

個人的に感じた面白さの評価に温度差を感じるものはありません。

特に素晴らしいのが世界観

作者が考えたであろう世界観を文章力の高さでそれ以上のものを表現していると感じます。

一度読めばすぐにその世界にひきこまれてしう事でしょう。

そしてこの作品を語る上で欠かす事ができないのが戦闘シーンです。

戦いの様子が鮮明に頭に浮かんできてまさに秀逸の一言です。

読んでいて普通に鳥肌がたちますw(゚o゚)w

しるうぃっしゅ先生

続きが読みたいですぅ~~~。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。


幻想大陸
02:42 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない 。

ネット小説 レビュー ] 2016/12/25(日)

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない 。


<あらすじ>
彼は、ひとりの少女と出会った。--罪人の烙印を押された幼い少女。それが全てのはじまりだった-- 「やべぇ、うちの娘可愛い」そんな親バカ保護者と養い子になった二人が、別の関係になって、更にその関係が変化するまでのお話


<キーワード>
R15 残酷な描写あり 恋愛 恋愛要素はだいぶ後 親バカ 時々シリアス 時折コメディー 魔王 そのうち勇者 


<ジャンル>
ハイファンタジー〔ファンタジー〕


<文字数>
616,873文字(2016年12月24日現在)


<くろまつの一言>
この作品も非常に完成度が高くて、たいへん読みやすいです。

やっぱりはじめて読んだ時には書籍化を確信しました^^

読み始めたのは比較的最近なのですが、

当時「主人公最強・俺TUEEE・チート」などを読み倒していたときですので

なおさらラティナの純粋な想いが心にしみました。

思わずポロッときてしまうくらいに(ノд・。)

ただ・・・・ただラティナが可愛くて・・・可愛くて・・・・うん、親バカはしょうがない!

でも本当にすごいのはその可愛さを存分に、惜しみなく

読者の心に届ける作者の文章力でしょう。まさに脱帽ものです!

さらに登場するキャラぜんいんが個性的でキャラがたっており

とても魅力的に描かれています。

皆さん、是非一読を!

かならずラティナの可愛さにノックダウンされることでしょう

そしてきっとこう思うはずです♪

「ラティナみたいな娘がほしいぃ~~」と。






うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない









01:53 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP




| このページの先頭へ | 次のページ > >

プロフィール

くろまつ

Author:くろまつ
ネット小説歴7年、読んだ作品400作以上

九曜先生・南条先生のラブコメからハマり、

その後「主人公最強」「俺TUEE」「チート」

にハマっていった若干中二ぎみな小説を読もう!中毒者^^

 ※現在は中毒はぬけ気味です

苦手なもの→TS・鬱展開

月別アーカイブ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。